優越感

2011年8月4日木曜日

2011年後半

t f B! P L

 優越感。


家族

2011/08/04 12:00


知り合いのお宅にいた昨日のことです。

我が家の長男(4歳)が指に少しケガをしました。

ケガというレベルではなく、ほんの2,3ミリ皮がめくれただけなのです。

血も出いません。

でも、彼が大騒ぎをするのでバンソウコウを貼ってもらっていました。

私が彼にあったのは、その1時間後。

私に、彼が「ケガをして、なにも痛くてできない。」というのです。

私は彼に何も頼んでいないのですが、バンソウコウをアピールしてきます。

しかたなく、

「どうしたの?」

と聞くとものすごい大怪我をしたとの事。

紙で大怪我をしたのです。

紙で!

それを羨ましいのが、次女もうすぐ2歳。

「ここ」と言えるようになった彼女は左手の指を出して、そこを右手で指差して「ここ」 「ここ」と言ってくるのです。

その日一日バンソウコウを貼ってくれとずっーーーと追っかけてくるのです。

今日の朝も、「ここ」 「ここ」と ずっと言っていました。

テーピングのテープの多い鍼灸院です。






----

自己紹介

名古屋市中村区の鍼灸院。 夫婦2人で開業。もともとは解剖学・トリガーポイントを基本に施術。現在、東洋医学と解剖学を基本に痛む部位ではなく、遠隔部位からの施術を中心に行なっています。

このブログを検索

質問はこちら!

名前

メール *

メッセージ *

QooQ