発表会当日

2013年2月25日月曜日

2013年前半

t f B! P L

2013/02/25 15:00:00


先日2日にわたり、子供たちの発表会を見てきました。

保育園の先生は、「すごい!」の一言でした。

先生方には本当に感謝しています。

1日目、3歳の末っ子は、家で練習していた通り可愛く

お尻を振ろう ひよこ

真っ赤なお尻を叩こう おさる

お腹をポンぽこ たぬきさん 

と楽しそうに踊っていました。

長男長女は、おじいさん役とおばあさん役を上手に演じていました。

ここで事件発生。

長男が退場する時に、隣の男の子が「あっ パパだ!!」と言いました。

それを聞いた長男、「おまえ、パパって言っただろう?」と

二人で話し始めてしまいました。

そう、まだ舞台の上でです。


2日目、この日は、長男長女の器楽の発表会。

ずっと他のクラスの子供たちの発表を聞いて、長男長女の出番を待っていました。

ビデオの録画準備も完了し、舞台が暗くなり、

いよいよ登場ということになりました。

ここで嫌な予感。

なんとなく末っ子がソワソワしだしました。

合唱が終わり、続いて楽器の演奏というときです。

「シッコ!」

えっ!!!!!!!

「待てる?」と私。

「でる!」と娘。

会場は、超満員(定員350名 立ち見の人が通路まで)

娘を抱えて、走りました。

トイレには、何とか間に合いました。

手を洗っていると、出演を終えた長男たちに出会いました。

そう、発表が終わったのです。

このために、患者さんに協力してもらったのに・・・

自宅に戻って、長女が言いました。

「お父さん探したけど、見つからなかったよ。」

この言葉が、一番心に残った発表会でした。


自己紹介

名古屋市中村区の鍼灸院。 夫婦2人で開業。もともとは解剖学・トリガーポイントを基本に施術。現在、東洋医学と解剖学を基本に痛む部位ではなく、遠隔部位からの施術を中心に行なっています。

このブログを検索

質問はこちら!

名前

メール *

メッセージ *

QooQ