日常

夏休みの宿題

2014/09/06 06:00:00

我が家にも、夏休みの宿題の追い込みの風景がやってきました。

双子は9/1から小学校に登校しております。

夏休みの宿題を、全部持っていったはずでした。

その日、夕食を食べ、お風呂に入り寝る直前のことです。

妻の携帯に電話がありました。

何事かあわただしくなる子供たちと妻。

妻「私勘違いしてたみたい! 宿題まだあった!!!!」

仕事中、部屋を覗いてみると、絵画の宿題が残ってたみたい。

妻「もういいよ、クレヨンで!適当で大丈夫!!」

妻らしい、お言葉。

さすがです。

そんなこんなで、何とか午後10時には終わったみたい。

ちなみに我が家の就寝時間は、午後8時15分。

次の日の朝、長男が妻に話しかけています。

長男「おかあさん、これに名前書いて!」

妻「こういう提出物は、前日か、前もってお母さんに言うの!」

思わず、「あなたがそれを言う? しかも前日って! 絵画の宿題やってたじゃん。誰のせい?」と

心の中で叫んでいました。

本人には言えないのです。

声には出せないのです。

見てると笑える妻です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。