冬になる前にTシャツを

2014年10月22日水曜日

2014年

t f B! P L

2014/10/22 08:00:00


我が家の長男は、毎年雪が降るまで「半そで、半ズボン」



3歳のとき、双子におそろいの冬服を用意し、ダウンジャケットも買いました。

(双子のおそろいの服はかわいいのです。)


でも、意思が出てきて、会話もできるようになった彼は、「暑い!」の一言で


冬服を着るのを拒みました。


その年末、双子の男の子は「着古した半そで 半ズボン」 寒がりの女の子は、「少しおしゃれなダウンジャケット」


どうみても、同じ愛情をかけているようには見えません。


すれ違う人も、振り向きます。



それからは、毎年9月になると、男の子には「年末用のTシャツ」を買うようになりました。


(これで、冬でも新しいTシャツです。)



さて、今日の朝、長男と玄関で話していたときのことです。


長男「歩いている人、みんな長袖だけど。 ぼく 半そでだけど、いいの?」


私 「いいよ! 他人とは違っても気にしないで!」


長女「いつも、○○君、半そでなんだから、気にしない。」


そう長男は、人の視線を気にするようになりました。


来年2年生。

だんだん大人になってます。

自己紹介

名古屋市中村区の鍼灸院。 夫婦2人で開業。もともとは解剖学・トリガーポイントを基本に施術。現在、東洋医学と解剖学を基本に痛む部位ではなく、遠隔部位からの施術を中心に行なっています。

このブログを検索

質問はこちら!

名前

メール *

メッセージ *

QooQ