日常

あいさつ

2015/06/24 20:35:00

毎朝、次女は私と保育園に通っています。

その中で毎日行われる行事が二つあります。

一つ目は、玄関を出ると、すぐにご近所に挨拶に行くこと。

これはただ、次女がご近所さんを好きなため会いに行くのです。

ご近所さんが優しい人で、「いなかったら、ピンポーンとチャイムを鳴らしてね」の言葉に甘えて毎朝、訪問しています。

私が「そろそろ迷惑だよ!」と言うと

次女「いいって言ったよ!」と言い返してきます。

あまりに私が、困った顔をすると、

チャイムを鳴らさず、大きな声で「おはようございまーす。」と呼びかけています。

そして、いつも抱きしめてもらいます。

そのあと私に「あんは ***さん だいすき!」と教えてくれます。

次にするのは、通り道にある八百屋さんに挨拶。

次女は、ここのお店の女性のスタッフの方と、少し年配の男性のスタッフの方がお気に入り。

お店の店先に誰もいなくても、大きな声で 「おはようございまーす。」と挨拶をします。

それに気づくと、お店の方が次女に話しかけてくれます。

ただ次女のお気に入りの男性のスタッフの方に、なかなか会えないと

「忙しいのかな?」「熱があるんじゃない?」

と次女は心配を始めます。

遠くからでも、その男性のスタッフを見かけると、

「今日は、いるよ!」と大喜びの次女です。

ほとんどスターを見るファンのようです。

今日は水曜日で、八百屋さんはお休み。

次女は「今日はお休みだから、おじさんとお姉さん居ないね。」

と寂しそうにつぶやいていました。

優しい人々に囲まれて次女は幸せ者です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。