プールの攻防

2015年8月1日土曜日

2015年後半

t f B! P L

2015/08/01 08:00:00

我が家の5歳の次女は、プールが嫌い。

有料の室内プールは好きという、すこしわがままなプール嫌い。

先日、保育園で2日続けてプールの授業がありました。


1日目


登園の準備をしている次女に 

「忘れ物ない?」と聞くと

「ないですよ。」と丁寧に答える次女。


登園後、自宅に戻ると妻が


「プールバックを忘れて置いていったので、届けに行くわ。」

その妻が、保育園から帰ってくると、うれしそうに話してくれました。


妻「あの娘、届けたら泣いたの。」

私「え、そんなに喜んだの?」

妻「違うの。 今日休めると思ったみたいなの。もしかしたら。」



2日目


登園の準備の際、妻が確認してました。


妻「プールバックは?」

次女「玄関」

妻「プールノートは?」


次女は、ランドセルを妻にアピールして見せました。

出発の際、プールバックは、忘れないように私が持ちました。

通園はいつものように私が同行。


保育園に到着すると、電話が鳴りました。


妻「プールノートが置いてあるの。先生にプール参加するって伝えて!」

次女「・・・・」


運がよいことに、その日は担任の先生が保育園の門でお出迎えです。

事情を話すと、先生にっこり。


ちなみに、次女の1冊目のプールノートは紛失中。



夫婦で、この忘れ物は偶然か、故意か検討中です。



*プールノート・・・その日の体温と、プールへの参加、不参加を記入するノート

自己紹介

名古屋市中村区の鍼灸院。 夫婦2人で開業。もともとは解剖学・トリガーポイントを基本に施術。現在、東洋医学と解剖学を基本に痛む部位ではなく、遠隔部位からの施術を中心に行なっています。

このブログを検索

質問はこちら!

名前

メール *

メッセージ *

QooQ